ADVES-自然科学教育高度化部門

自然科学サロン(シーズン2) 身近な生命科学編 2022S

ADVES Salon for Liberal Arts (Spring 2022)

自然科学サロン(シーズン2) 身近な生命科学編 2022S

ADVES Salon for Liberal Arts (Spring 2022)

Salon à Komaba

サロン(教育開発用実験室)で会いましょう。


[重要] 第1回、第2回の授業出席Googleフォームへのご回答をもとに、Google Classroomへの招待メール送信を行いました(4/15)。履修希望者で、まだGoogle Classroomへの招待メールを受信していない場合は、お手数ですが下記の問い合わせ先から連絡してください。よろしくお願い致します。

目次

0. 本実習の履修を検討している学生さんたちへ
1. 本ゼミの目的
2. ガイダンス
3. 教室
4. 問い合わせ先(学生から教員へ)
5. お知らせ周知方法(教員から学生へ)


0. 本実習の履修を検討している学生さんたちへ

*少人数制
*グループ作業あり
*体験・プチ実験あり
*文理融合
ガイダンス日程・抽選等、下記1〜5. を確認してください。

1. 本ゼミの目的

本ゼミは、㋑普段とくに気に留めることもないような身の回りあることへ着目、気付きから知的興奮へ、㋺ニュースなどでもよく出てくるDNA、PCRといった生命科学用語・技術の理解、㋩それらを科学的に思考し批判することを主たる目的とした講義シリーズ、垂直/水平展開しながら進んでいく。

具体的には、身近な生命科学に関する事柄・現象・時事ニュースを題材/起点とし、㊁実体験・実験、㋭講義、㋬課題発見・解決、㋣特別ゲスト講義、㋠グループ作業および発表、にセメスターを通じ取り組む。このゼミは駒場の自然科学サロン、気軽に楽しむ、教員と仲間とお話をする、こういう気持ちで取り組んでほしい。

この取り組みは、自然科学という分類が与えられた学問領域での普遍性・独創性への探求、その醍醐味の紹介を第一の目的とするが、同時に、工学、人文科学、芸術、音楽、歴史、文化、数理科学、時事ニュースなど、異なる領域をも恐れずに “自由に飛び回る” 、そういった気風、“駒場らしい”教養教育の追求、環境/授業/教材開発を目指す。このゼミを通じて、“自由に飛び回る” 練習、その面白さを体験してみたい学生さんにぜひ参加してほしい。

これらの試験的な試み、特別な体験を通じた “考えるトレーニング” の機会を提供すること、ピュアな自然科学の楽しみ、加えて、履修者のみなさんが世界が多様であることを受容し、様々な視点・観点でアイデンティティーを確認・確立する良いキッカケにもなること期待して2022年度も開講する。

2. ガイダンス

初回の授業日、47日(4時限目(14:55~16:40)にオンライン(Zoom)形式のみで実施します。Zoom URLは、ITC-MLSを確認してください。本授業の履修を検討している学生さんはぜひご参加ください。教室でガイダンスを対面形式で受けたい学生さんは、下記の問い合わせ先から担当教員へ連絡してください。

ガイダンスでは、シラバスやWebに記載していない授業情報、成績評価、履修可能者の抽選、スケジュール、グループワークなどを説明します。ガイダンス冒頭では、履修希望者のみなさんへ簡単な質問コーナーを予定しています。

ガイダンスを欠席、かつ、本ゼミの履修を検討している学生さんは、なるべく速やかにその旨を下記の問い合わせ先から担当教員へ連絡してください。抽選を行う場合に履修希望者を把握する必要があるからです。

3. 教室

対面形式は第3回、4月21日(木)から下記の教室で実施する予定です。第1回、2回は基本的にオンライン形式で開催しますが、個別の事情で対面形式で受けたい学生さんは、下記の問い合わせ先から担当教員へ連絡してください。

KOMCEE EAST 3階 教育開発用実験室

4. 問い合わせ先(学生から教員へ)

– 本ゼミ専用メールアドレス:

salon@adves.c.u-tokyo.ac.jp

*何か不明な点がありましたら、遠慮なく連絡してください。

5. お知らせ周知方法(教員から学生へ)

① 履修登録可能な学生が確定するまで(抽選が終わるまで)は、https://bit.ly/33NH56H に随時最新情報を発信します。

抽選終了後、履修者を本授業のGoogle Classroomへ招待します。授業の具体的な連絡、授業資料・課題の配布等などはGoogle Classroomを利用します。

*全体共有する必要のない個別の連絡に関しては、メール( salon@adves.c.u-tokyo.ac.jp )を利用します。

以上


このお知らせは上記の授業に関する内容です。
開講年度:2022
科目区分:主題科目 全学自由研究ゼミナール
講義題目:自然科学サロン シーズン2 身近な生命科学編
時間割コード:31471
開講区分:S


2022/04/05/13:40 ADVES003
2022/01/27/01:16 ADVES003

 

Salon à Komaba

Salon à Komaba

Students in any division interested in life science are welcome.


Table of Contents

0. For students who are considering taking this course
1. Content of this course
2. Guidance
3. Classroom for in person 
4. Contact information (from students to faculty staff)
5. Class communication (from faculty to students)


0. For students who are considering taking this course

This course is designed to (1) focus on things around us that we do not usually pay attention to in daily life, (2) shift from awareness to intellectual excitement, (3) understand life science terms and techniques such as DNA and PCR that often appear in the news. The series of lectures progress vertically and horizontally, with the primary objective of scientific thinking and criticism.

Specifically, the course will take life science matters, phenomena, and current news as its starting point and proceed through ㊁ experience via works and experiments, ㋭ lectures, ㋬ problem finding and solving, ㋣ special guest lectures on the latest developments in the field of life science. ㋠ In addition, participants will do group work and presentations. This seminar is a “Salon” in Komaba, and we hope you will enjoy it and talk casually with the faculty and your fellow participants.

The primary objective of this course is

  • to explore the universality and originality of natural sciences, a discipline that has been given a classification

Still, at the same time, we also encourage participants to “jump around freely” without fear in different fields such as engineering, humanities, arts, music, history, culture, mathematical sciences, and current news that crosses over traditional boundaries. We aim to pursue a “Komaba style” liberal arts education and develop an environment/classroom/teaching material. We hope that students who want to experience the fun of “free-flying” practice through this seminar will join us.

In addition, we hope that will participants accept the fact that the world is diverse and confirm our identities from various viewpoints and perspectives. Finally, we will be able to experience the fun of “thinking training” through this experimental trial, unique experience, and pure natural science.

2. Guidance

The first class day, Thursday, April 7, 4th period (14:55-16:40), will be in online (Zoom) format only; please check ITC-MLS for the Zoom URL. Students who are considering taking this class are encouraged to attend. Students who wish to take the guidance in a face-to-face format in the classroom should contact the instructor using the contact information below. At the guidance, we will explain class information not listed in the syllabus or on the web, grading, lottery for available students, schedule, group work, etc. At the beginning of the guidance, there will be a brief Q&A session for prospective students. Students who are absent from the guidance and considering enrolling in this seminar are requested to contact the faculty member in charge of the course as soon as possible using the contact information below. We need to know who is interested in taking the seminar to conduct a selection.

3. Classroom for in person

KOMCEE EAST 3rd floor, Laboratory for Educational Development (EDL)

google map: https://goo.gl/maps/jceXhmfc1BTot8vj6

4. Contact information (from students to faculty staff)

– ADVES Salon Email:

salon@adves.c.u-tokyo.ac.jp

If you have any questions, please do not hesitate to contact us.

5. Class communication (from faculty to students)

1) Until the number of students who can register for the class is confirmed (until the selection process is completed), the latest information will be sent to https://bit.ly/33NH56H as needed.

2) After the selection process is complete, we will invite-only students eligible to take the class to Google Classroom for this class. In addition, we will use our Google Classroom for specific communication about the course distribution of course materials and assignments.

For personal communications that do not need to be shared with the entire class, we will use email (salon@adves.c.u-tokyo.ac.jp).


This page is about the following class.

ADVES Salon for Liberal Arts
Target: Students in any division interested in life science are welcome.
Course Code: 31471
Term/Semester: S

2022/04/05 ADVES003